FC2ブログ

出来上がるものの場の景への想像

 東北大学へ来て,三ヶ月、震災の仕事に係る傍らたまに土木の設計演習の授業にたまに参加して聴講する機会をもらっていた.2月初旬には最終発表が行われ,二週間前との完成度を比べると参加していた四班、20人の発表は本当に感動するぐらい頑張っていた.懐かしいなぁと自身の歴史を振り返る機会にもなった.その一方で,出てきた作品に対しての違和感を覚えた.その違和感は先生方が褒めていることへの違和感なのか、作品に対する違和感なのか、ただ直感的には褒めてはいけない様な、なにかものすごく大事なものが欠けている印象があった.先生方が生徒の成果に対して褒めていたことは先生として当たり前の行為でもあるので、話をおいておくと、やっぱり作品に対しての違和感で、今日のこの文章はその違和感に対するメモである.
 作品自体は確かに完成度は高かった.ただ,そこに出来上がるものが本当に出来ることを想像すると,土地の立地・周囲の環境・設計した広場が連携しているようで,連携しておらず,尚かつ一番の問題は対象敷地の設計完成度(やりきった度)は高いけれど,出来上がるものが良い“シーン”を持っているようにははなはだ見えなかった.何か空間を生み出す瞬間に生まれる“シーン”,そこから生まれる全体としての場の景の価値が弱かった.確かに生徒たちは“シーン”を想定した設計・模型の制作は行っており,場の景は存在はしていたが,そこで生まれている場の景は決して率先してつくるべきものではなく、もっと豊かなものを目指すべきだと思った.豊かという漠然とした言葉で逃げるというか、反対の言葉から出てきた言葉だけど、そこで生まれてるシーンって貧しそうと直感的に思った.直感!!以上!でもその直感は恐らく場所と周囲の環境との大きな齟齬から出ている気はする.学部2年生にそんな事を求めるべきではないのかもしれないが,部分への思想と設計が非常に弱いと思ったのであ〜る.
 震災の仕事は主にマスタープランのスケールから建築スケールの提案までサポートをしている.サポートをしているというよりは,建築・土木・都市が近い場所で仕事をしているので,それらの風通しがわりといい中で仕事をしている.そういった環境に身をおいていると,スケールを横断して物事を捉え,どのスケールでも享受されるべき最適解を求める.スケールの行き来の重要性を凄く感じている.それは,都市の話でも、まちの話でも、公園のはなしでも、建築のはなしでも、スケールの行き来する瞬間は多分にあるが,その行き来の重要性を改めて感じるとともに,出来上がる部分への熟度と,場としての景をもっと大切にする必要はある.そして,それを大切に設計をしたいと思っている人間だと自身を自覚をした.
 文章雑だな〜。仕事中なので,また時間見つけて推敲したいと思います.
スポンサーサイト



.13 2013 考え comment0 trackback0

Comment

Post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://softtennistetsu.blog16.fc2.com/tb.php/62-4e41152d

プロフィール

Teppei Kobayashi

Author:Teppei Kobayashi
人間的に魅力のある人が一人でもいれば、
その場は凄く魅力的になる。
それに変わる場を設計したい。
物理的に。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR