FC2ブログ

日本では

気づいていないが,
自然を日常の一部として感じ,
それを無意識下で感じ,
そのまま過ごすという事が行なわれているのではないかと感じた.
何故花見はあそこまで賑わうのか.

それは普段そういう感覚を持ち得ている人達が,
意識的にイベントが開催されている事によって,
その無意識下の感覚が意識下に現れる事を

「自然に受け止める力」

があるのではないかと,ふと思った.
スポンサーサイト



.30 2011 きづいた comment0 trackback0

論じること。

論じることは
後世への一種の
道しるべ
だったのか.

例えば
コスモポリタンであった
イサムノグチは
アニミズムの表現者であった.

そのアニミズムの表現は
ながい時、一瞬の煌めき、力の流れ等に
集約されて表わされた.
と論じる.
(これはちなみに適当ではなくて,
推論されている事.私によって.)

でもこの適当なものが
どこかで誰かの道しるべとなる.

論文,研究は
客観的データ,歴史からの史実
に基づいています.

それがどれだけ
間違っているか知るか知らぬか,
でも
それを理解した上で
その論証の素を示し,
論証する事には価値があるのかと.

今更ながら気づいた.

あはは。だめだこりゃ。笑
.18 2010 きづいた comment0 trackback0

電車

電車
最近電車について
「人 大量輸送システム」
としか見えていなかった。

多くの人はなぜあんなにつまらなそうに
乗車しているのか、
なぜいつまでも
携帯ぽちぽちいじっているのか。
地方の電車でたまに経験するような
話しかけたりする文化はうまれないのか。


今エドワードホールの「隠れた次元」を
読み直、、前放り投げたのを初めて読んで、
あーと一つきづいた。

電車は密接距離、親密距離に
他の人が不可避の状態で侵入してくる。

開けた公園だったら、
「きもちわる、なんでこんな近寄ってくるんだよ」
と思う距離である。

その一種得る不快感から
離脱する為に、みんなぽちぽちしていたり、
音楽を聴いていたりするのかも、、と。

なおかつ通勤・通学・最終電車、、
否応なく隣の人が何をしているか、
すこし体を動かすだけで伝わってくる。

最終電車では
集団離脱、、携帯をいじったり、本を読んだり、音楽を聴いたりしないとやってられないくらい、迷惑な酔っぱらいが居たりして、、、

結局何を言いたいのかよくわからないが、

携帯をいじったり、本を読んだり、音楽を聴いたりする行為は
他人から自分を離脱する為の
優れた機能である事には間違いがないということである。

・人大量輸送システムからの脱却
・楽しい電車(ex.人とたまにお話できたり?風景を見れたり?)

こんな感じで通学したいな。
しんだ魚の目のようなサラリーマン多くないか?笑


最終で嘔吐物を少しかけられ、不快な気分の少年の
今日の気づいた事でした。

P.S.
マナーは守ろう。
ちなみに私は、気持ち悪くて人に迷惑をかけてしまいそうな時は
電車にのらないことにしている。
.13 2010 きづいた comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

Teppei Kobayashi

Author:Teppei Kobayashi
人間的に魅力のある人が一人でもいれば、
その場は凄く魅力的になる。
それに変わる場を設計したい。
物理的に。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR